いつもはなんとなく

日々のできごと、気になったものごとをゆるゆる書いてるブログです。

今は静かにしてほしい

どうも。ぽんすか星人です。

こんな時間にふと目が覚めたので、ちょっとだけ思うことを。

このブログを読んでくださってる方はすでにご存知の通りですが、先日適応障害と診断されてそのまま仕事を辞めて、現在無職です。
なのですが、実は家族にまだこのことを話してません。
じゃあ今どうしてるのかと言うと、それらしい時間に家を出て、それらしい時間になったら家に戻るという、リストラされたサラリーマンと同じことをやってます。
ちなみにその間、何をしてるかと言うと、適当な場所で本を読んだり、放送大学の学習センターにこもってお勉強してたり。
あの場所があってホント良かったです。
ちなみに同居人の仕事のシフトで朝から家にいないことがありますが、そんな日はそのまま家でまったりしてます。
(これが至福のひと時)

なぜ言えないのか。
簡単に言うと「静かにしてほしい」てことだと思います。

たぶん、仕事を辞めたことに関しては、責められない気がしてます。
以前、職場がキツイみたいなことを同居人にこぼしたことがあって、その際「合わんかったら無理することない」と言われたことがあったので。
理解はしてくれると信じてますが、やはり今後のことを心配もされるわけじゃないですか。
やはり同居してる以上。
「心配しなくても、好きなだけいていいぞ」て言ってくれるような経済的余裕も残念ながら無いわけでして。
それはそれで仕方がないことなのですが、そういう「空気」を感じることですら、今は微妙にしんどいのです。
あと実家も近くにあるので、親にも知れるとまたちょっとめんどうに思います。

そんなわけで「もう少し静かにしてほしい」ていうのが、今なんとなく言えない1番の理由だったりします。
もう少し気持ちも落ち着いて、自分の方向が定まってきたら、話そうとは思いますが、それまでもうちょっと待って、てとこなのです。

そんな真夜中のつぶやきでした。