いつもはなんとなく

日々のできごと、気になったものごとをゆるゆる書いてるブログです。

心療内科に行ったからって人生オワタわけじゃなし

こんばんは。
辞表出す前に適応障害の診断書を出すことになったぽんすか星人です。

心療内科に行ってきた

この1月から働き始めたパートの仕事がなじめずに、職場の人間関係も悪くなり、まともに仕事をこなすことが出来なくなってしまいました。
周り(主にマイミクさん)に打ち明けて、いくぶん楽になりましたが、根本的解決になってないし、他にも気になることがあるので、一度心療内科で診てもらうことにしました。
そんなわけで、休み明けの月曜日「熱があるので」とか適当に理由をつけて会社を休み、予約を取ってた病院へ。

その結果がどん。

はぁ、そうですか。適応障害ですか。
今ひとつピンと来ないんですが、これはうつの一歩手前と考えていいんでしょうか?

で、クリニックに置いてあった「大人の発達障害 ADHD」ていう冊子で紹介されてた事例が、まぁ(主に職場での)私とえらい重なる部分がございまして。

私自身も気になってたので、一度この検査も受けてみることにしました。
その話はまたいずれしたいと思います。

そういうわけで、私としては
この職場は私には合わなかったんだ
というお墨付きをいただいたわけなので、しばらく休みます。

正直もうそのまま退職の気配が濃厚だし、先々の不安はありますが、決して多いと言えない給料のために、心をすり減らし続けるのはもったいない。
Life is very short なのですよ。
そう割り切ってまたできることを探して行きたいと思います。